定期預金の概要

定期預金とは、金融機関に一定期間お金を預けることで、その間の引き出しができません。満期日までは、そのままの状態でおいておくものです。ですから、普段は使わないお金を定期預金に預けておくことで、本当の意味でも預金ということになります。なぜ定期預金にするのかというと、普通預金と比較をしても、金利が高い部分にあります。金融機関などではキャンペーンなどを定期的に行ない、金利を上げ、顧客拡大・預金高倍増を打ち出すこともあります。顧客としても金利が高いのですから、今すぐ使わないお金を定期預金にすることは、大きなメリットになります。定期預金と一口に言っても、期間も種類も様々です。よりお得に、ということであれば、定期預金の内容を知っておく必要があるでしょう。銀行員などに言われるままに、普通預金から定期預金にただ移すのではなく、この定期預金が良いと指定することで、少しでも高い金利をモノにするというのが上手な定期預金の預け方になります。現在は、店頭だけではなくネット銀行などでも簡単に口座を開設することができますから、自分から定期預金を探していくことで、金利の高い定期預金を作ることができます。最近では、ネット銀行の定期預金の金利が高い事も多いですから、この辺りについては要チェックかもしれません。もし、すぐに使わない、まとまったお金があるとしたら、金利の高い定期預金に預けることで、運用するのが良いのではないでしょうか。










サブコンテンツ